理想の中古マンションを購入する|ドリーム実現

部屋

契約時の初期費用

不動産

不動産会社を通して、賃貸の部屋を借りたい、不動産物件を買いたいといった際に発生してくるのが仲介手数料です。仲介手数料とは、賃貸や不動産の売買をするときに不動産仲介業者に支払うお金です。しかし、不動産賃貸や売買の時に仲介手数料がかからない場合があります。仲介手数料無料になるかどうかは、取引する物件の様態によって変わってきます。不動産会社が、自社で所有している土地や建物であれば、売主となりますので、仲介手数料はかかりません。売主の代理であれば、売主との相談によって仲介手数料が必要かどうかが決まってきます。仲介となれば、売主と買主、または貸主の間に入って取引をしますので、仲介手数料が必要になってくることがほとんどです。しかし、最近では仲介手数料無料で営業しているところもあるのです。なので、初期費用を抑えたい人は仲介手数料無料の物件や業者を選ぶと良いでしょう。

仲介手数料無料といっても、注意したい点があります。仲介手数料無料と耳にすれば、不動産売買や賃貸の契約の際の費用も安くなるんじゃないかと思う人もいるでしょう。しかし、費用を抑えたい人達が気をつけたいところがあります。仲介手数料だけを見るのではなく、総合的な支払いが安いかどうかです。敷金や礼金が発生してくるかどうかです。ですから、仲介手数料無料といっても契約の際に敷金や礼金が何ヶ月も発生してくれば初期費用は安くはならないのです。ですから、物件を決める際には総合的な金額を見ることが大切になってきます。